すみゆめとは

01
02

江戸後期は大川の東、円熟した町人文化が花開いた現在の墨田区で生涯の大半を過ごし、森羅万象を描き続けた絵師、葛飾北斎。この世界の画人を称えるすみだ北斎美術館の開館にあわせて、2ヶ月間にわたり展開するプロジェクト、「隅田川 森羅万象 墨に夢」の幕開けです。
「北斎」や「隅田川」にちなみつつ、絵を描いたり楽器を奏でたり、昔ながらの遊びがあれば、船で川を楽しむ企画やまち歩きのツアーもあり。アーティストと一緒に体を動かしたり、見慣れた景色に新たな魅力を発見したり。ふと訪れて気軽に体験できるワークショップや、食から江戸・北斎に迫る催しも数々あります。 まずは隅田川左岸、北斎が暮らしたまちを舞台に始まる通称「すみゆめ」。墨一色で描いた小さな夢を、多くの方々と彩りたく、ぜひ、ご参加ください。

03

主催:「隅田川 森羅万象 墨に夢」実行委員会、墨田区
特別協賛:アサヒビール株式会社
協力:公益財団法人墨田区文化振興財団、公益社団法人企業メセナ協議会、公益財団法人東京都公園協会、アンサンブルズ東京実行委員会

MAIL MAGAZINE

メルマガを無料配信しています!
今すぐ登録を!!

まだメールマガジン登録は完了しておりません。

登録したメールアドレス宛に承認案内のメールを送信しましたので、

確認の上、承認をお願いします。

※承認確認のメールが届かない場合は、

お手数ですが再度メール登録をお願いします。

お問い合わせ

イベント情報へのお問い合わせはこちらまで

会場案内

イベント会場のマップが確認できます

最新の記事

  • すみだ北斎美術館
  • すみだ文化芸術情報サイト
  • facebook
  • twitter