HOME / イベント情報 / 螺旋の川 (パフォーマンスクルージング)

螺旋の川 (パフォーマンスクルージング)

企画名螺旋の川
団体名:一般社団法人Token
開催日:2022年11月19日(土)、20日(日)
※11月20日(日)は天候不良のため、12月17日(土)に延期いたします。

1便目17:10〜19:00(集合16:50、出航17:10)
2便目19:40〜21:30(集合19:20、出航19:40)

※集合時間に間に合わない場合は事前に必ずご連絡ください。集合時間までに遅刻連絡をいただけない場合及び出航時間に間に合わない場合は、ご乗船出来ませんのでご了承ください。
※荒天等により出航不可の場合、プログラムの都合により19日は12月18日(日)、20日は12月17日(土)に延期
会 場:集合場所:小梅橋船着場(東京都墨田区向島一丁目23番)
解散場所:両国防災船着場(東京都墨田区横網一丁目2番13号)
Project Name:Tour Performance on a Boat on the Sumida and Other Rivers (tentative title)
Organized by: General Incorporated Association Token
Venue:Departure and Arrival port:Koumebashi port(1-23, Mukojima, Sumida), Ryogoku river center port(1-2-13, Yokoami, Sumida)

「螺旋の川」は、外濠を含む神田川、日本橋川、隅田川などを日没後に巡るパフォーマンスクルージングです。航行する船の上から、アーティストによって仕掛けられた音声ガイド、パフォーマンス、音楽演奏、朗読、展示作品とともに、川によって形作られたさまざまな出来事の断片を体験します。

このイベントは2015年から主に大阪で不定期開催されている梅田哲也、hyslomらによるナイトクルージング・パフォーマンス《入船》を原案として企画、構成されています。

———-

クルージングの舞台となる川を考えるために、まずは既存の地図を参照してみたい。
地図はその名の通り「地」面を描くものだから、その制作においては「地」面と「水」面の境界線を引くこと、つまり地と水を分離することが第一の原理となっている。そうして作られた地図における水、つまり川や池や湖は、陸上で生活する私たち人間にとって、地の中の空白として認識される。地図における水面はヴォイド、だから現代では川は都市の裏側といえるのかもしれない。

ここで、地から水へと視点をシフトさせて、川などの水面を中心に描いた川の海図のようなものを仮構してみる。地図において交通を遮断する川は、この川の海図においては自由に行き来できる道になる。近代以前には水運が盛んだったから、このように川を道としてみることもあったのではないだろうか。そして、近代以降に進展した治水事業や護岸工事によって人工的に水面が管理され、水と地の境界が強固に定着される以前は、川は野放図的に幅を伸縮させたり、流路を変化させたりし、その境界は一定してはいなかったのだ。
ところで、民話や昔話の中にもその名残が多く見られるように、川は古来、この世とあの世を隔てる境界としても意識されてきた。水と地の境界が一定していない近代以前の、此岸と彼岸の境界が揺らいでいる状態を想像する。現実と、それとは異なる位相が反響する。

船は日没後に出航する。昼の陸上から見えていたものは、夜の水面からは見えないかもしれない一方で、見えていなかったものが見えるかもしれない。この川には、アーティストによる作品とともに、川によって長い時間をかけて生成されたさまざまな出来事の断片が点在している。ただし、この環境ではそれら作品と作品でないものの境界もまた一定してはいない。人工的に管理された地と水の境界が再び揺らぎ出すように、整えられた秩序を少しずつ乱しながら船は進む。

参考書籍
江戸の城と川(SERIES地図を読む1) 塩見鮮一郎 批評社
世界の水の民話 翻訳:日本民話の会、日本民話の会外国民話研究会 三弥井書店 ほか


※11月20日(日)は天候不良のため、12月17日(土)に延期いたします。


参加アーティスト

梅田 哲也
小寺 創太
阪中 隆文
寺尾 紗穂
トモトシ
水沢 なお
山本 篤
渡辺 志桜里

航行ルート
小梅橋船着場→北十間川→隅田川→神田川→日本橋川→隅田川→両国防災船着場

料金

4,000円

定員

各便 25名

申込

Peatixより申込み https://token-spirairiver.peatix.com/
(要事前決済・先着順・定員に達し次第終了)

 WEB
http://token-artcenter.com/pr/spiralriver.html
チラシPDF(ダウンロード)

主催・問合せ

一般社団法人Token info@token-artcenter.com

助成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京【芸術文化魅力創出助成】
協力:株式会社佐塚商事 奥多摩美術研究所、株式会社ジール、NPO法人 BEPPU PROJECT
メインビジュアル制作:占部史人
フライヤーデザイン:牧寿次郎
記録撮影:鈴木光、松尾宇人


  • 0
  • 0
    Twitter