レポート

木ノ下歌舞伎 秋の特別講座「キノカブの学校ごっこ」【すみゆめ2018年度パイロット企画 レポートブック】

2018.11.09~2018.11.18 | レポート

企画名木ノ下歌舞伎 秋の特別講座「キノカブの学校ごっこ」
  • 団体名 : 木ノ下歌舞伎/一般社団法人樹来舎、「隅田川 森羅万象 墨に夢」実行委員会、墨田区
  • 開催日 : 2018年11月09日 (金) ~2018年11月18日(日)
  • 会場 : YKK60ビル AZ1ホール

2018年度 「隅田川 森羅万象 墨に夢」パイロット企画として実施した、木ノ下歌舞伎 秋の特別講座「キノカブの学校ごっこ」。

歴史的な文脈を踏まえつつ、現代における歌舞伎演目上演の可能性を発信する木ノ下歌舞伎。昨年秋 、 パリでの「ジャポニスム2018」に参加した『勧進帳』の映像上映会や主宰の木ノ下裕一による熱血授業「木ノ下の勝手に古典芸能史」、豪華ゲスト陣による講座やワークショップなど、座学も実技も盛りだくさんの「学校ごっこ」を6日間にわたって開催しました。

本企画では、すみだにちなんだ演目の紹介や実演も取り入れられ、参加者は現代の視点から古典芸能を知るのみならず、 地域への新たなまなざしを得ることができました。全13講座、約1400分にも及んだ「キノカブの学校ごっこ」のエッセンスを抽出して紹介しています。

全文はPDFファイルから:kinokabunogakkogokko_reportbook

ぜひ、レポートブックとしてお手元でご覧下さい。

kinokabunogakkogokko_report_190510-_low